販促力アップにも最適な等身大パネル

映画館へ足を運んだ際に、映画に登場する人物の等身大パネルが設置されているのを見かけた人も多いのではないでしょうか。等身大のパネルが置いてあると、目に入りやすくなるのでついつい視線がいってしまうものです。映画館の他に、結婚式の会場やセミナーの入口などにもこうしたパネルが置かれ、視線を集めています。
等身大のパネルのアピール力は、ビジネスでも利用することが可能です。会社や店舗についてより多くの人に知ってもらう方法は多種多様ですが、中でも販促活動に役立つのが等身大のパネルです。実際、ウェブサイトを開設したりチラシを作成して販促活動を行っている企業は沢山ありますが、大きなパネルを設置することで、道行く人々の目に留まって非常に目立ちます。今回は、等身大のパネルが持つ魅力についてご紹介します。

等身大のパネルなら販促に効果を発揮できる

等身大パネルとは、等身大に設計された人物の写真やイラストなどが印刷されているパネルを指します。このパネルの特徴と最大の利点は、周りに与えるインパクトが大きいので、人目に付きやすい点です。また、縦に長いタイプなので、人通りが多い所や広くない場所に置いてもさほど邪魔になるケースは少ないです。
こうしたパネルを制作する際のポイントは、パネルに使いたい画像の向きと範囲、そして解像度です。向きについては、人物が真っ直ぐに正面を向いている写真を選ぶと、訴求力がより高くなります。等身大パネルは、全てが紙でできている簡易タイプの他に、ラミネート加工が施されているタイプがあります。特にラミネート加工されたタイプは長期の利用に向いていますので、ニーズに応じて選ぶことができます。

様々な用途に利用できる等身大のパネル

販促に利用できることはもちろん、様々な用途に使うことができる点も等身大のパネルを導入する魅力です。例えば、結婚式の会場の入り口にパネルを置いて、ゲストを迎えることもできます。存在感抜群のパネルを置けば受付場所の目印になるので、ゲストが迷ってしまうこともありません。
また、イベントに利用することで、思わずパネルに目が向いてしまい、足が向くはずです。それだけ大きな宣伝効果や人の視線をつかむ力がありながら、リーズナブルな価格で注文できる点もメリットです。重さについても軽くて持ち運びやすく、希望する場所に手軽に設置することが出来ます。そのため、イベントに使用した後に違う場所に運び、再び設置できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加