オフィスのデザインを変えると仕事の効率が上がる

オフィスのデザインを変えることは、見た目を良くするだけでなく、仕事の効率にも関係してきます。仕事の効率を上げるためにはどのようなデザインにするのが良いのでしょうか。基本的に、座席や通路はできるだけ余裕を持った配置にするのが良いでしょう。動きやすさだけでなく、オフィスの見通しが良くなります。仕事状況も見えやすくなり、コミュニケーションもとりやすくなるでしょう。職種によっても効率的な配置はそれぞれあり、チームで動く場合は円形のレイアウトにすると移動することなく話ができるなどコミュニケーションも容易になりますし、コールセンターのような仕事の場合は他の人の声が邪魔にならないよう一列に並ぶのが良いでしょう。どのような状況でどのように動くのかを考えてオフィスをデザインすることで、仕事がしやすいオフィスに変えることができるのです。

効率を上げるには動線を意識することが大事

効率の良いオフィスのデザインをするときに一番大事なのは動線です。人がどのように動くのか、その動き方を見極めることです。コピー機など多くの人が使うものはどの位置の人も使いやすい場所にするとか、消耗品は取りやすい場所かつ補充しやすい場所にするとか、そういった細かい一つ一つの動きを考慮してレイアウトしていきます。台車の通り道を考えて通路を作ったり、人の行き来がしやすいよう、また、余計な動きをしなくても済むように考えていきます。効率的に動けることは働く人にとってもストレスを減らすことになります。また、おしゃれなオフィスにすることも、モチベーションを上げるために良いでしょう。気持ちよく仕事をすることができれば効率も上がります。ただし、おしゃれを追求して邪魔なものを配置してしまっては意味がありません。余計なものは置かず、照明や絵画、配色などでデザインするのが良いでしょう。

オフィスデザインはどんな会社に頼めば良いでしょう

オフィスのデザインを考える際は、やはりデザインのプロにお願いするのが良いでしょう。効率的なデザインをしていただけるものと思います。お願いするオフィスの業種を得意としていたり、デザインした経験のあるデザイナーさんを探してみると良いでしょう。その業種の仕事をするのに大事なことは何なのかわかってもらいやすいでしょう。詳しい仕事内容を説明せずとも理解してくれる部分もあると思いますので、そのようなデザイナーのいるデザイン会社を探してみましょう。あまり作り込んでしまうと、後でレイアウトを変えたいと思ったときに変更がきかないので、あまり個性的で奇抜なものを追い求めない方が良いかもしれません。どのようなオフィスにしたいのかある程度しっかりしたイメージを思い描き、その方向性のデザインが得意なデザイナーを探すことができると良いですね。