等身大パネルを制作する上で使用される素材の種類

等身大パネルを制作する上では、その素材に拘ることがポイントであり、種類についてはそれほど多くありません。制作する上では人の背の高さと同じくらいの高さで、人を惹きつける効果を生みだすため、見本市や観光市、物産品展、結婚式などといった人が集まる場所に活用されます。ただイベントが終了したりする上での廃棄、またコストの面、安全面、他にも天候などの事情を考慮して素材を選択していくことは大切です。よく高強度ステンレス・プラスチック段ボール・プラスチック・アルミニウムなどが用いられます。使う用途も一時的に使うだけだったり、長期的に設置しておく場合もあったり、使う期間を考慮する必要もあり、軽量で丈夫で安全な使用ができるタイプの物が必要です。最近ではネットでも注文して仕上げてくれる店舗も存在し、比較的に制作しやすい環境が揃っています。

屋外に設置するようとして検討したい場合のポイント

等身大パネルを設置する場所は、屋外になることも多く、素材に拘る必要があるのもポイントの一つです。その理由には、設置していると必ず天候の影響を直に受ける可能性が高いからとなります。例えば雨が降った時は紙や木材などだと水が浸透してしまい、パネルの表面のインキが滲んでしまったり、長期間使用し続けると腐ってくることもあります。他にも強風や降雪の影響を受けて潰れやすかったり破れたりなどの症状が起こるケースも存在します。また鉄や木材などは硬さがあるため、潰れた時に人に危害が加わる場合もあり、割高の上に廃棄する時にも面倒となります。他にも印刷フィルムを使った場合、表面が剥がれやすかったりします。従って軽量でも丈夫なものを用いることで、屋外に安心して設置できるものを制作することが必要です。

制作するための費用相場により検討する

等身大パネルの素材は、高強度スチレンパネルとプラスチック段ボールスタンドを活用して制作するタイプが存在します。それだと1個当たり50,000円前後が相場となり、他にはオプション料金がかかる形で制作することが可能です。それ以外にもアルミ複合版とプラスチック段ボールスタンドで制作しても1個当たり50,000円前後の相場になるのも確かとなります。店頭や展示会場などで設置する場合には、二つの素材が主流となり、本格的に予算の都合が付く方はそちらを選択して制作を行うと良いです。もちろん1個当たりの単価は、複数個の制作を行うことで割安になることも多く、まとめて製作した方が費用的にもお得になります。ネットでの制作を行う場合にはデータ原稿を決めて注文を行うだけで済みますので、簡単に制作することが可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加