jcss校正をする事で得られるメリットをお教えします

jcss校正

jcssとは、計量法に基づく校正事業者の登録制度のことで、認定を受けることで一定以上の軽量技術を持っていることが証明されているということになります。軽量器具の校正を行う会社が正しい基準で測定を行っている証明であり、正確性の面で信用性がアップするメリットがあります。jcss校正を行った計量器具にはjcss校正事業者の発行する校正証明書が発行され、国内のみならず海外でも通用する器具となります。人間が生活するうえで必要となるあらゆる軽量、計測に対し有効で、重量、長さ、温度、湿度、時間などを測るさまざまな製品に活かされています。jcssの認定を受けることは正確な校正ができる設備があること、正確な校正を行える人材がいることの証明でもあり、企業としても大きな信頼を得られます。

jcss校正は人々の安全で安心な暮らしの基となる制度

jcss校正証明書が発行されている製品は、国が違っても共通で扱う事ができるものとなり、国際規格に準拠しているという安全性を証明できます。そのような製品が世界に通用するようになれば市場が広がり、競争力も高まります。jcss校正は生産者にとっても利用者にとってもうれしい制度というわけです。また、環境基準値を計測する場合や医薬品などの検査を行う場合など、少しでも基準を超えてはいけない重要な測定で安心が得られるということは人々の暮らしの安全安心につながっています。ですので、jcss校正により計量、計測したデータに誤差がないという安心感が得られるということがいかに大切かをもっと知ってもらう必要があります。jcss校正証明書が添付されている計測器をどんどん普及させることが重要です。

jcss校正の促進が求められています

jcss校正認定事業者において特定標準器をもちいて校正を受けた計量器を特定二次標準器と言い、連鎖して校正を行った計量器にはjcssロゴマークの入った校正証明書が発行されます。つまり国家標準にトレーサブルである証明となり、認定事業者の技術能力と品質の信頼性を保証する証明書であります。ビジネスを行う上で、測定器の校正を依頼するなら、jcss校正登録事業者に依頼すべきです。国際取引においてはトレーサビリティ要求や証明は必須となってきています。認定登録事業者は徐々に増えてきており、近くの事業者を長さや角度、速さなどの登録区分ごと、さらに計量器の種類別にインターネットで簡単に調べることができます。校正には多少の費用はかかりますが、信用を得られるメリットには代えられません。校正を依頼する前に見積もりを出してもらいましょう。